切手 買取 郵便局

切手 買取 郵便局




余った切手・不要な切手の買取は、
⇒切手買取プレミアム
で買取ってもらえます。

郵便局では、買取は出来ません。交換のみです。
郵便局で発売されている切手ですが、
余ってしまった場合や使わなかった場合は、
他の種類の切手に変えてもらうことは出来ますが
手数料が必要になります。

切手類の交換手数料は
郵便切手・通常はがき  一枚につき5円になります。

10円未満の郵便切手や郵便はがきの場合は、合計額の半額です。
一枚5円より、有利に交換出来ます。

使わない切手類を現金化したい時、
切手買取の買取プレミアムにご依頼ください。

切手 買取金額は
(一例ですが)
シートの場合 額面の70~89%
単片の場合 額面の40~85%

買取金額90%の業者もありますが、よく読むと
1000円切手のシート場合でした。

買取%が違って来るのは

一般的に
普通切手 > 記念切手
高額面  > 低額面

普通切手の方が記念切手より、切手買取相場は高いようです。
基本的に、額面が高いほうが、切手買取相場は高めです。

現行封書料金の82円切手100面シート
現行はがき料金の52円切手100面シート
など、使いやすい切手の買取率は90%を超える場合があります。
(記念切手でも可能性があります)

バラ切手の場合は買取が低くなります。

バラ切手の場合、普通切手でも記念切手でも
買取額は変わらないことが多いですが、
額面金額によって、買取レートが変わってきます。

200円以上の切手が高く、
次に50円以上200円未満の切手です。

50円未満の切手は、一番安くなります。

少し昔の古い切手の場合、

発行時の郵便料金が安く、額面の低い切手が多いため
切手買取相場は低くなりがちです。

買取られた切手は、ダイレクトメールの発送業者などが買い求め、
郵便料金の支払いに使います。
額面金額が高いほうが、嵩張らずに済むので、
買取金額が高い傾向になります。

切手の額面は、郵便局で発行された時、
主に封書やはがきの料金の切手が多いです。
はがき 封書
平成26年 2014 52円 82円
平成6年 1994 50円 80円
平成元年 1989 41円 62円
昭和56年 1981 40円
昭和56年 1981 30円 60円
昭和51年 1976 20円 50円
昭和47年 1972 10円 20円
昭和41年 1966 7円 15円
昭和26年 1951 5円 10円
昭和24年 1949 8円
昭和23年 1948 2円 5円
郵便局で、
昭和40年以前に発売された切手は、
額面金額が低いので、
郵便局で交換する場合でも、
切手買取の買取プレミアム にお願いする場合でも、切手買取価格は低くなります。

額面より高く買取ってもらえるプレミア切手


⇒切手買取プレミアム
古い切手の中には、
コレクターが欲しがるプレミア切手があります。


切手買取プレミアムに依頼すれば
プレミア切手は、プレミアム価格で買取ってくれます。
それ以外の切手は、一定の評価金額になります。

古い切手もある場合は、 切手買取プレミアムにお願いすれば、一度で済んでしまいます。

買取プレミアム

WEB申し込みはこちら

「買取プレミアム」は、
業界内でもトップシェア級の規模を
誇る高価古物買取業です。
リサイクル買取の業者より専門買取
の方が高額査定が出やすいため、
現在注目を集めています。

買取プレミアムが選ばれる理由!
・最短30分で出張可能なスピード対応!
・安心・安全サポートが充実
端数は切り上げで買取金額を提示!

買取プレミアム提供 3つの査定方法
・出張訪問査定
・郵送査定
・持込み査定

出張査定の場合は、
最短30分で無料出張査定が可能!

WEB申し込みはこちら

紹介した切手の画像を見つけたら、
買い取ってもらえる可能性があります。
電話やwebで問い合わせをしてください。
コールセンタースタッフが対応してくれます。
⇒買取プレミアムに問い合わせ 切手
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|